オリウス プラダン製重量物用コンテナ

試作依頼・お問い合わせ
株式会社ヤマコー FAX.0774-88-6900

オプション

内装オプション 外装オプション
制作事例
試作依頼・お問い合わせ

導入メリット

エコロジーとエコノミーの両立を目指す物流システムの構築へ向けて

環境保全意識の高まりを受け、企業においても、商品の製造から廃棄に至る全ての局面で、環境負荷削減に向けた取り組みがされ始めています。

なかでも物流の輸送方法をより環境への負荷が小さい方法に変更する対策を総称してモーダルシフトと言います。
1997年の京都会議で地球温暖化対策として、CO2(二酸化炭素)を、2010年前後には1990年比で6%程度削減することが決定しました。
日本全体のCO2排出量の約20%は、運輸部門が占めています。また、そのうち約90%は自動車が占めており、物流輸送の主流を占める、所謂トラックによる輸送を、「地球に優しく、大量輸送が可能な海運または鉄道に転換」することを、現在はモーダルシフトと呼んでいます。
管轄する国土交通省では、特に長距離雑貨輸送について、海運・鉄道の比率を現在の40%から2010年に約50%に向上させることを目標としています。
国土交通省の掲げるモーダルシフトの主な狙いは、CO2排出量抑制、エネルギー消費効率の向上、そして、道路混雑問題の解消と交通事故の防止効果の三つがあげられています。

モーダルシフトを社会的責任(CSR)と位置付けて取り組むケースも増えてきています。

国土交通省では、こうした流れを加速させるため、モーダルシフトに関する相談を各地方運輸局の物流振興施設課で受け付ける他、モーダルシフト等の成功事例を紹介するモーダルシフト事例公表制度も設けています。
環境報告書でこうした取り組みを公表する企業も増えており、輸送業務のプロセス短縮や物流コスト削減という自社の物流上の課題と環境への負荷軽減という両面を睨んだ活動が求められています。

モーダルシフトの実際的な運用にさいしてユニットロード化と一貫パレチゼーションの構築が進められています。

● ユニットロード化とは、貨物を機械器具による荷役に適するよう標準化された単位にまとめて梱包して輸送・保管すること」と定義されます。

すなわち、様々な荷姿を持つ貨物を、あらかじめ、ある標準の重量や体積などによって、とりまとめて輸送する方式のことをユニットロード化といいます。
国際的な競争力の強化に加え、環境問題の深刻化、循環型社会の構築等の物流を巡る新たな課題への対応を目指してして、「ユニットロード化の推進」が施策としてあげられています。
作業効率を向上させるとともに、高齢者や女性にも適した作業環境の構築に資する一貫パレチゼーションを中心としたユニットロード化を促進すること、その普及のための調査の実施、JIS規格パレットの共同利用・共同回収に資するパレットプールシステム等の浸透やユニットロード化に資する物流機器の導入及び施設の設置に対する支援等を図ること、また、物流活動を一貫してのパレット利用を促進するため、T11型パレットを基本とする「ユニットロードシステム通則」の普及等を行うことが示されています。
さらに、各業種におけるユニットロード化に資するとの観点から、JIS規格化されたパレットによる「パレットシステム設計基準」の標準化を行い、加えて、JIS規格のT11型パレット (1100mm×1100mm×144mm)の国際標準化や、それを基本としたJIS規格パレットのアジアにおける普及に取り組むことが提起されています。

一貫パレチゼーションとは、荷物を出発地から到着地まで、同一のパレットに乗せたまま輸送・保管することを意味します。

パレットとは、荷物の輸送・保管、物流センターなどでの積み替え作業のために使用される「すのこ」のような台のことです。
一貫パレチゼーションを採用する大きなメリットは人員コストの削減と作業時間の短縮です。フォークリフトを用いてパレットに乗った荷物を、パレットごと積み替えることで輸送作業の効率化が図れます。また、輸送の側面だけではなく、そのまま店頭に並べることで陳列に関する効率化も図れます。
しかし、パレチゼーションは輸送効率が上がる反面、パレットを乗せる分だけ積載効率や保管効率が悪くなるデメリットがあります。また、パレットの回収・管理が不十分だと、紛失・流出が発生して大きなコストになります。回収システムの確立がされていないことや、保管や回収費用などが取引条件に明確に入っていない、費用分担の合意がないなどの課題があります。
また製品サイズに合わせて、多様な形態・サイズのパレットが用いられると、相互利用できないことになり不効率になります。サイズの統一に関しては、現在国際的にISO規格として四つの標準規格が定められています。日本ではJISによって1970年代にT11型が作られ、現在ISO規格のひとつになっています。しかし、業界によっては既に別の標準規格が決められている場合があり、普及の阻害要因となっています。

ヤマコーのオリウスは樹脂製パレットとの自在な組合せができる折畳みコンテナです。
回収時の折り畳みができ、かつパレットが一体化している大型コンテナです。
これからの物流改革を推進するツールのひとつとしてご検討ください。
【プラダン導入メリット】